取り付け方法

しめ縄と一緒に取り付け説明書をお届けします。直径20センチほどのしめ縄でしたら3~4人で3時間程度の作業です。足場、ペンチ、ハンマー、ハサミをご用意ください。 ニッパー、シノもあると便利です。

しめ縄の取り付け

しめ縄をぶら下げます

しめ縄をぶら下げます

鳥居の表側中心にしめ縄の中心をロープでぶら下げます。

適当と思われる高さよりも高めに固定します。ロープを外すと重みで下がります。

両端の保護糸を取ります

両端の保護糸を取ります

両端3分の1程度の保護糸を取ります。

前から見た結び目

前から見た結び目

両端を結びつけます。

結び見
前から見たところ

後ろから見た結び目

後ろから見た結び目

後ろから見たところ

房の取り付け

房の長さを調整します

房の垂れ下がる長さを調整して、玉止めをつくります。

テープを巻いて残った部分を切ります。

見えないところで固定します

見えないところで固定します

上部の見えないところで釘で固定します。

御幣の取り付け

御幣の針金をさします

御幣の針金をさします

房と房の中間に印をつけ御幣の針金を刺します。
刺しにくい場合は針金をペンチで持ち、ハンマーでたたきます。

刺しにくい場合はハンマーを使ってください

刺しにくい場合はハンマーを使ってください

刺しにくい場合は針金をペンチ等で持ち、ペンチをハンマーでたたいて本体に突き通します。

保護糸を取る

必ず保護糸を取る

必ず保護糸を取る

最後に必ず保護糸を取ります。

保護糸をひとつおきに切る
ペンチで引き抜きます

保護糸をひとつおきにハサミで切り、ペンチで引き抜いてください。

保護糸から汚れます

保護糸を取らないと、保護糸から汚れていきます。手間がかかりますが、必ず取り除いてください。

完成

完成です

取り付けサービス

北陸地方(富山県、石川県、福井県)は取り付け対応いたします。お気軽にお申し付けください(有料)。

はずしたしめ縄について

お祓いの後に、藁の場合は焚きあげるか、またはご神木に巻くというお宮様が多いです。合繊の場合は、行政のリサイクルセンターなどにお持ち込みください。弊社でお引き取りすることもできますので、ご希望の際はお問い合わせください(有料)。